プログラミング、独学はゴールを設定しよう

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ご訪問ありがとうございます。

休日を利用して、普段使わないプログラミング言語の学習を始めました。

どんな言語を学習するにしても、まずは学習のゴールを設定することが必要です。

このページに僕が考える「プログラミング独学のゴール」を記載してあります。

もちろん言語や用途、目的で目指すゴール違うことはご理解ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴールに設定したプログラムのイメージ

データを入力するフォームを作り、データをデータベースに保存するプログラム作成をゴールにします。

最低でもこのようなプログラムができなければ、通常業務では役に立ちません。

スポンサーリンク

入力フォームのイメージ

単票フォームにデータ入力を行うフォームを作成します。

画面のコントロール

データベース

データベースは受注番号を採番するための「採番テーブル」と、受注データを保存するための「受注テーブル」を準備します。

採番テーブル

区分1:受注番号
番号数値

受注テーブル

受注番号数値
品目コード文字列(20)
品目名文字列(40)
注文数数値
単価数値
金額数値

まとめ

プログラミング独学でのゴールを設定しました。

もちろん目的や用途で目指すゴールはそれぞれですが、漠然としているなら参考になると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました