Excel VBA本のご紹介|現役SEおすすめ17選

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ご訪問ありがとうございます。

VBAの参考書はたくさんあります。

自分のレベルに合った本を選ばないと、挫折につながります。

このページではレベルや目的別にExcel VBAの書籍を紹介しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

入門レベル

ExcelはできるけどVBAはまだ触れていない、はじめてVBAを学習したい方。学習サイトや動画サイトでVBA学習を挫折した経験があり、もう一度入門から学びたい方にお勧めの学習書です。

Excel マクロ & VBA やさしい教科書[2021/2019/2016/Microsoft365対応]

はじめてのVBA作成、マクロの記録、分岐と繰り返しの説明など、内容的には初心者向けの書籍になっています。

リファレンス的な内容なので業務改善の実践に役立てるには、さらにステップアップできる学習が必要になるかもしれません。

できる イラストで学ぶ入社1年目からのExcel VBA できる イラストで学ぶシリーズ

VBA入門書として、「初めて手にする一冊」に向いている書籍です。

タイトル通りイラスト付きでわかりやすく解説されています。

実践に役立てるにはこれだけではもの足りない、VBAに初めて触れる人や、他の書籍や学習サイトで挫折した人には、この書籍を試してもう価値がありそうです。

入門者のExcel VBA 初めての人にベストな学び方(ブルーバックス)

VBA初心者向けの書籍です、売上データを転記するVBAサンプルに沿って解説されています。

これ一冊で実践まで補うには難しいですが、最初の一冊としては良い書籍です。

すらすら読めるExcel VBA ふりがなプログラミング

プログラミング言語は英語と記号のみで書かれていますが、本書はプログラムの上に「意味」を表す日本語のふりがなを入れた学習書です。

スポンサーリンク

入門×動画連携タイプ

入門レベルの方で「本×動画」を連携したタイプの学習書です。

Excel VBA塾:初心者OK!仕事をマクロで自動化する12のレッスン

これからVBAを学びたい人が試しに触れてみるための書籍です。マクロの解説から簡単なVBAプログラミングが解説されています。

動画との連携やイラストを多く使うことでわかりやすく工夫されています。口コミ評価も高く入門書としてはおすすめですが、少しでもVBAを知っている人には、やさしすぎる内容かも知れません。

2時間でExcelマクロの基本がわかるVBA超入門:【本×動画】

「もっとページを少なくして、入門者が手に取りやすい本を作りたい」という、筆者の思いが伝わる薄さの入門教科書です。「本×動画」により2時間で学習できます。

本をひらくとイラスト中心のやさしくて、ていねいなページが目に入ります。VBAに触れてみたい人におすすめの一冊です。これでVBAに興味が持てれば次に進みまましょう。

初心者レベル

初心者レベルでは既にVBAを学び始めている方や、入門書を終えてもう少し書籍でVBAを学習したいという方にお勧めしたい学習書です。

いちばんやさしいExcel VBAの教本 人気講師が教える実務に役立つマクロの始め方

初心者向けのVBA書籍、まったくの入門者には難しいかもしれない内容です。なんとなくでもVBAを書いたことのあるという人にはおすすめできる書籍です。

Excel VBA 脱初心者のための集中講座

入門書を卒業して次に手にするには最適な一冊です。

動画連携でわかりやすく解説されています。

WordやOutlookなどの外部連携はすぐに実務で使えます。

脱入門者のExcel VBA 自力でプログラミングする極意を学ぶ(ブルーバックス)

「入門書のExcel VBA 初めての人にベストな学び方(ブルーバックス)」の続編です。

前作を学習していることを念頭に書かれていますが、ある程度VBAを学習している人であれば、知識が体系的に繋がり、理解が進みます。

Excel VBA [完全] 入門

VBAに初めて触れる人から外部データアクセスなどの実践向けの内容になっていますが、駆け足での解説になっているように感じられます、初心者には本書は厳しいかもしれません。

中級~上級レベル

初級レベルを卒業してVBAを職場の実務に役立てたい方や、高速化や効率の良いコーディングなどを学びたい方に読んでいただきたい学習書です。

できる大辞典 Excel VBA 2019/201/2013 & Microsoft365対応 できる大辞典シリーズ

初心者を卒業した人が対象となります。

大辞典というだけあって、全992ページの大ボリュームで構成されています。

VBAの全機能を網羅した解説書となっています。

パーフェクト Excel VBA

約1000ページのボリュームがある大辞典といった感じのExcelVBA書籍です。

これからVBAを始めるには難しいかもしれませんが、少しでも経験がある人ならば役立つでしょう。

困ったときの辞書としても使えます。

業務改善コンサルタントが教える Excel VBA 自動化の全て ~35の事例で課題解決力を身に付ける~

事務職などでルーチン業務を改善したい人に適したVBAの書籍、業務課題に対しての解決方法が課題形式で書かれています。

VBAの基礎的な部分の書かれていますが駆け足で初心者には難しいかもしれません。

VBAができるようになってから、業務改善に活かしたい時に読みたい一冊であり、実践でVBAを覚えたい人におすすめです。

Excel マクロ&VBA [実践ビジネス入門講座]【完全版】

基礎の部分やマクロの記録も記載されていますが、あっさりと説明されているだけです。

これからVBAを始める人には難しい内容かもしれません。

VBA中級レベルの経験者がリファレンス的に使うほうが良さそうです。

ExcelVBAを実務で使い倒す技術

初めてVBAに触れる人でなく、ある程度VBAになれた人が読むべき内容です。実際の職場でVBAを組む人たちに向けてのノウハウ本です。

Excel VBAの教科書

VBEの開き方から始まっていて、VBAの経験がない人からでも読むができますが、網羅的で中級レベルの経験者のほうがメリットがありそうです、全くの初心者には他の入門書がおすすめです。

逆引きリファレンス

できる逆引きExcelVBAを極める勝ちワザ716

全912ページの大ボリューム、Excel VBAのワザを716項目紹介、知りたい項目ややりたいことを辞書のようにひいて読むことができます。

まとめ

Excel VBAのお勧め学習本を紹介しました。

はじめてVBAに触れるなら入門レベル、お好みで動画連携の書籍もあります。

少し覚えたら初級レベルが良いでしょう。

実務で役立ていたい、さらにレベルアップしたい方は中級レベル、上級レベル、逆引き辞書をお勧めします。

VBAは難しい?

ところで、VBAは難しいでしょうか?

VBAは一般的には簡単な言語だと言えますが、プログラミングの経験がない人には難しいかもしれないですね。

書籍などの独学でなかなか覚えられないのであれば、スクールで基礎から習うのも手段です。

スクールに通ってでも、プログラミングは覚える価値が有るスキルです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました