VBAでCSVファイル出力、JOIN関数で文字列連結

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ご訪問ありがとうございます。

VBAでカンマ区切りのCSVファイル作成、少し面倒ですよね。

EXCELファイルをCSV保存する方法でなくて、ファイル出力する方法です。

カンマをたくさん並んで、分りにくくなることないですか?

“10,10,20,,,,A,,,,,,,,,,,,,,,X”  ← こんな感じになると分かりにくいですね。

そんな時は「JOIN関数」ですぐに解決です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

JOIN関数

配列に含まれている数多くのサブ文字列を、区切り記号で結合した文字列を返します。

構文: JOIN(sourcearray, [ 区切り記号 ])

sourcearray必須。
結合するサブ文字列を含む 1 次元配列
[区切り記号]省略可能。
返される文字列内のサブ文字列の区切り文字。
省略した場合は、空白文字 (” “) が使用されます。
区切り記号が長さ 0 の文字列 (“”) の場合、リスト内のすべての項目が区切り記号なしで連結されます。

使い方:

スポンサーリンク

JOINを使わないコーディング例

他システム連携などでは、必要ない項目は未設定で、CSVファイルを作らなければいけません。

JOINを使用しないと以下のようにカンマが並ぶので、分かりにくいコーディングになります。

JOINを使ったコーディング例

JOIN関数を使うことですっきりとした、間違えが少ないコーディングになります。

出力されたCSVファイル

気に入ったら試してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました