Excel VBA 入門用の簡単なコーディングサンプル

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

このページはExcel VBAプログラムの簡単なコーディングサンプルを紹介しています。

VBAに興味があり、どんなものか一度試してみたい、そんな人に向けた記事になっています。

この記事を読むことで簡単なVBAを作り、VBA動かすことを体験できます。

※EXCELのバージョンは2010を使用しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

VBE画面を開く

※VBEは、Visual Basic Editorの略称です。VBAプログラムを作成するためのエディタ のことをいいます。

「開発」→「Visual Basic」を選びます。

※開発タブが表示されていない場合はこちらで解説しています。

VBE画面が開きます

スポンサーリンク

VBAプログラムを作成する

「挿入」→「標準モジュール」を選びます。

エディッタのウィンドウが開きます。

ここに以下のようにVBAプログラムを記述してください。

Sub sample1()

MsgBox “Hello VBA”

End Sub

  • 大文字と小文字は自動で変換されます。
  • 「End Sub」は自動で出てきます。

VBAマクロを実行する

実行します。

  1. 準備として、「Sub~EndSub」の間の行を(どこでも良い)クリックして、カーソルを置いてください。
  2. 次に「実行」 → 「Sub/ユーザーフォームの実行」

作成したVBAマクロが実行されメッセージが表示されました。

以上がVBAマクロの作成手順です。

まとめ

簡単なExcel VBAのコーディングサンプルを解説しました。

少しだけレベルアップしたVBAサンプルは以下のページです。

VBAを勉強してみたいと方は以下のページを参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました