Python 「PySimpleGUI」 デスクトップフォームの簡単なサンプル

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ご訪問ありがとうございます。

Pythonの「PySimpleGUI」ライブラリを利用したデスクトッププログラムを紹介しています。

「PySimpleGUI」がどんなものか知りたい方は参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画面デザイン

最初に表示される画面です。

「OK」ボタンをクリックすると、以下のように”Hello Python”と表示されます。

スポンサーリンク

ライブラリをインストールする

PySimpleGUIを使用するには、コマンドプロンプトからライブラリをインストールしてください。

コーディング

import PySimpleGUI as sg

# 画面の定義
layout = [[sg.Button("OK",key="btn")],
          [sg.Text(key="txt")]]

win = sg.Window("PySimpleGUIのサンプル",layout,size=(300,100))

# OKボタンの処理
def ok():
    win["txt"].update("Hello Python")

# 画面表示とOKボタンの処理
while True:
    event,viewe = win.read()
    
    if event == "btn":  # OKボタン
        ok()
    if event == None:   # 終了
        break
# 終了
win.close()

解説

まずはPySimpleGUIをimportします。

import PySimpleGUI as sg

画面を定義します。

# 画面の定義
layout = [[sg.Button("OK",key="btn")],
          [sg.Text(key="txt")]]

[sg.Button(・・・,・・・)] … ボタンを配置

  (”OK”,・・・) … ボタンに”OK”と表示する

  (・・・,key=”btn”) … キーは”btn”

[sg.Text(・・・)] … テキストボックスを配置

  (key=”btn”) … キーは”txt”

変数「win」に画面の情報をセットします。

win = sg.Window("PySimpleGUIのサンプル",layout,size=(300,100))

「OK」ボタンのクリックの処理は以下です。

# OKボタンの処理
def ok():
    win["txt"].update("Hello Python")

win[“txt”].update(“Hello Python”) … テキストボックスに文字列をセットします。

画面を表示とキー入力の処理を記入します。

# 画面表示とOKボタンの処理
while True:
    event,viewe = win.read()
    
    if event == "btn":  # OKボタン
        ok()
    if event == None:   # 終了
        break

全体を無限ループさせます。

「event,viewe = win.read()」で画面を表示してキー入力待ちになります。

キー入力で次に進み「OK」の場合はループを抜けずに画面表示を繰り返します。

「閉じる」ボタンが押されたbreakでループを抜けて終了します。

ループを抜けたら画面を閉じて終了します。

# 終了
win.close()

コメント

タイトルとURLをコピーしました