パソコンを買い換える前に!!「起動時間30秒」SSDでPC高速化

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ご訪問ありがとうございます。

自宅で使用しているノートパソコンの買い替えを考えていましたが、良い機会なのでスピードアップできるか試してみました。

結果は大成功です。

10年以上使っているパソコンですが起動速度も速くなり、まだまだ使えそうです。

作業は以下です。

  • メモリ増設 4G→8GB
  • HDDをSSDに換装

パソコンの部品交換というと専門的で敷居が高そうですが、「メモリ交換」と「SSD換装」は誰にでもできる簡単な作業です。

メモリが少ないパソコンや、HDDのパソコンはスピードアップできる可能性は十分あります。

いちど検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

部品交換の効果

パソコン起動速度の比較

SSDで起動時間が「平均32秒」になりました。

表のデータはストップウォッチで計測したデータです。

回数HDD・メモリ4GBHDD・メモリ8GBSSD・メモリ8GB
1回目3分33秒3分10秒0分49秒
2回目1分44秒1分51秒0分26秒
3回目1分44秒1分40秒0分30秒
4回目1分36秒1分26秒0分27秒
5回目1分49秒1分44秒0分28秒
平均2分5秒1分58秒0分32秒

メモリ増設では起動時間は変わりませんが、SSD換装で劇的に早くなったことがわかります。

① メモリ交換による効果

Yahooのような、画像が多いホームページの表示は明らかに速くなりました。

いままでは画像が一つずつ表示される感じでしたけど、メモリ増設後は「一瞬で」すべての画像が表示されます。

メモリ交換については以下のページで紹介しています。

② SDD換装の効果

新品のように速くなりました。

  • パソコンの起動速度が速くなった。
  • アプリの起動が速くなった。
  • 画像の表示が早くなった。
  • シャットダウンが早くなった。

変わっていないのは通信速度くらいです。

スポンサーリンク

パソコンはdynabook T451/46EBD

「dynabook T451/46」というノートパソコンです。

2012年春モデルとステッカーが貼っていあるので、11年前のモデルになります。

プロセッサIntel(R) Core(TM) i5-2450M CPU @ 2.50GHz 2.50 GHz
メモリ4GB → 8GB (今回作業を行いました)
HDD750GB
OSWindows7 Home → Windows10 Homeにアップグレード

仕事に使わないので、一般的なスペックです。

ところでSSDって何?

簡単ですが、SSDはSolid State Drive(ソリッド・ステート・ドライブ)の略です。

HDDと同じようにパソコンの記憶装置として使います。

HDDはディスクにデータを読み書きしますが、SSDはメモリーチップにデータを読み書きします。

  • HDD … CDやDVDのようにディスクにデータを書き込む
  • SSD … USBメモリのようにメモリーチップにデータを書き込む

「HDDはCDやDVD」、「SSDはUSBメモリ」と同じようなものと、イメージすれば分かりやすいです。

記憶装置を「カシャカシャ回っているディスク」から「メモリーチップに変える」、そう考えてもらえれば、パソコンが早くなるのも納得できるはずです。

SDD換装作業で準備したもの

  • 交換用の内蔵SSD
  • SATA/USB変換アダプタ
  • USBメモリ(Windowsインストールメディア用、なくても大丈夫です)
  • プラスドライバー(パソコンのカバーを開けるのに使用します)

交換用の内蔵SSD

SAMSUNG 870EVO 1TBを購入しました。

2.5インチ SATA接続です。

SATA/USB変換アダプタ

SSDをUSBポートに接続するためのアダプターです。

新しいSSDにHDDのクローンをつくる時に使用します。

SSDにクローンを作ることで、HDDからSSDに物理的に交換するだけで作業が終了します。

USBメモリ

何かのトラブルでクローンが作成ないときのために、USBメモリに「Windowsインストールメディア」を作成しました。

「Windowsインストールメディア」作成には8GB以上必要です。

問題なくクローン作成できたので、Windowsインストールは行っていません。

ドライバー

普通のねじ回しです、パソコンのカバーを開けるために使用します。

SAMSUNG 870EVO 1TBを選んだ理由

「SSD交換は誰にでもできる」とは言っても、「コピーに時間がかかったり」「カバーを開けて部品を交換する」など、楽な作業ではありません、少し高価でも良いものを選んでおきたいものです。

サムスン製品を選んだ理由は以下になります。

  • 口コミで評判が良いもの
  • クローン作成の付属ソフトが使いやすそうだった

結果は、大満足です。

SSDへの交換作業はもちろん、クローンソフトも使いやすくて問題なく作業できました。

SSD選びについては以下の記事を参考にしてください。

参考までに、おすすめSSDはこちら

購入までにいろいろと調べました、せっかくなので紹介しておきます。

口コミで評判が良いと、感じたのは以下のメーカーです。

✔ サムスン(Samsung)

✔ クルーシャル(Crucial)

✔ ウェスタン デジタル(WESTERN DIGITAL)

最終的には普段から耳にすることが多い「SAMSUNG」のSSDを購入しました。

HDDからSSDへの交換作業の手順

HDDからSSDに換装する作業の手順を解説します。

僕の場合は以下の手順で作業を行いました。

作業1:バックアップをとる。

作業2:Windowsインストールメディアの作成。(クローン作成するなら本来は不要)

作業3:SSDにHDDのクローンを作成する。

作業4:パソコンのカバーを開けてHDDからSSDに交換する。

作業1 バックアップをとる

トラブルに備えてデータをバックアップしておきます。

バックアップにはポータブルのHDDを使用しました。

約250GBで3時間くらいかかりました。

SSDの価格も安くなってきたので、少しでも速く作業したい方はSSDが良いですね。

作業2 Windows インストールメディアを作成する

何かのトラブルでクローンが作成ないときのために、USBメモリに「Windowsインストールメディア」を作成しました。

8GB以上のUSBメモリが必要です。

作業3 SSDにHDDのクローンを作成する

サムスンのSSD総合ソフトウェア「SAMSUNG Magician」を使用してクローンを作成します。

  • ソフトウェアは専用サイトからダウンロードして使用します。
  • 他社製のSSDには使用できません。
  • SSDの初期化は不要です。

「SATA/USB変換アダプタ」を使用してUSBにSSDを接続してクローンを作成します。

処理時間は2時間くらいでした。

サムスンの付属ソフト「SAMSUNG Magician」でのクローン作成方法は以下です。

作業4 パソコンのカバーを開けてHDDからSSDに付け替える

SSDにクローンを作成したら、あとはHDDをSSDに交換するだけです。

ノートパソコンの裏側のカバーを開けてHDDを外します。

SSDを取り付けて終了です。

まとめ

古いパソコンのスピードアップについて解説しました。

行ったことは「メモリ増設」と「SSD換装」です。

特にHDDからSSDへの交換はおどろくほどパソコンが早くなります。

難しい作業ではないのでチャレンジしてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました