「Visual Basic」Excelファイルのデータを読み込む方法

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

このページではVisual BasicでExcelファイルを読み込む方法を解説しています。

手順

COM参照の追加

Visual Basicでのコーディング

他にも方法はありますが、僕はこの方法でプログラムを作成しています。

よろしければ参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

COM参照の追加

Excel操作を行う場合はCOM参照を以下の手順で追加します。

手順1:「プロジェクト」→「COM 参照の追加」

手順2:「Microsoft Excel xx.x Object Library」をチェックし、「OK」をクリックします。

スポンサーリンク

コーディングサンプル

Imports Microsoft.Office.Interop
Public Class Form1
    Private Sub okBtn_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles okBtn.Click

        'OPEN
        Dim xl As Excel.Application = New Excel.Application
        Dim wbs As Excel.Workbooks = xl.Workbooks
        Dim wb As Excel.Workbook = wbs.Open("D:\data.xls")

        'データ表示
        MsgBox(wb.Worksheets("sheet1").Range("A1").Value)

        'CLOSE
        xl.Quit()
        xl = Nothing

    End Sub
End Class

①Imports

Imports Microsoft.Office.Interop

②ファイルのオープン

        'OPEN
        Dim xl As Excel.Application = New Excel.Application
        Dim wbs As Excel.Workbooks = xl.Workbooks
        Dim wb As Excel.Workbook = wbs.Open("D:\data.xls")

③MSGBOXでデータを表示

        'データ表示
        MsgBox(wb.Worksheets("sheet1").Range("A1").Value)

④ファイルのクローズ

        'CLOSE
        xl.Quit()
        xl = Nothing

コメント

タイトルとURLをコピーしました