ACCESSフォーム「現在行の色を変える」方法

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ACCESSフォームの「現在行の色を変える」方法を紹介します。

簡単な「VBA」と「条件付き書式」を使用します。

初心者の方にもわかるように、ていねいに説明しています。

パソコンで仕事の効率を上げたい方、ペーパーレスにもおすすめです。

以下のようなフォームを作成する方法を解説しています。

表形式フォームの現在行の色を変えるメリット

・表形式のフォーム上で、見ている行がすぐに分かる
・画面だけで仕事が出来る
・印刷するよりも視線の移動が少ないなど、効率良く作業ができる
・ペーパーレス化になる

例えばデータを1件ずつチェックして行くような仕事では、データを印刷して定規を当てながら確認する方法が一般的です。

表形式フォームで現在行の色を変えることが出来れば、画面だけで仕事ができます

画面だけで仕事ができれば、紙と画面の両方を見るよりも視線の移動が少なくなるなど、効率良く仕事を進める事が出来ます。

ペーパーレスというメリットもあります。

この記事はACCESSで業務の改善を行いたい方はもちろんですが、きちんと効果を捉える事で改善提案やQCサークルのネタにもなると思います。

クリップボードへのコピーも合わせて行うと効果的です。

※環境はWindows7、ACCESS2010を使用しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

変更前と変更後の画面のイメージ

元のフォーム

変更後のフォーム

スポンサーリンク

現在行の色を変える、作業の解説

  1. 表形式フォームは事前に作成しておいてください。
  2. フォームをデザインモードにして、不可視のテキストボックスを作成します。
  3. フォームの表示項目は必ず一意となるKEY項目が必要です。
  4. 「条件付き書式」を使用して、テキストボックスとKEY値が場合に色を変えるように設定します。
  5. .レコード移動時のイベントで、テキストボックスにKEY値をセットするVBAを作成します。

作業内容の詳細

テキストボックスを作成する

フォーム上にテキストボックスを作成します。
テキストボックスは見えないように不可視にします。

1-1 デザインモードでフォームを開きます。

1-2 テキストボックスを選びます。

1-3 フォームヘッダーの任意の場所にテキストボックスを作成します。

1-4 ラベルの部分は不要なので削除します。

1-5 テキストボックスのプロパティを表示します。

1-6 プロパティーシートの「すべて」タブの「名前」を任意に設定します。

※今回は「w発注番号」という名前にしました。

1-7 「書式」タブの「可視」を「いいえ」に変更します。

条件付き書式の設定

フォームのKEY項目とテキストエリアが同じ値の場合、条件付き書式で背景色を変更します。

2-1 デザインモードで「詳細」部分の全ての項目を選択します。

※左側のメモリのような部分をクリックする事で、そこの右側に配置されている全ての項目が選択状態になります。

2-2 「書式」→「条件付き書式」を選びます。

2-3 「条件付き書式ルールの管理」画面になるので、「新しいルール」を選びます。

2-4 「フィールドの値」を「式」に変更します。

2-5 式と入力した右側に「発注番号=w発注番号」と入力して、下側にある色の指定を行い「OK」を選びます。

2-6 「条件付き書式ルールの管理」画面に戻るので、もう一度「OK」で終了します。

レコード移動時の処理をVBAでコーディングする

レコード移動時のイベントで、テキストボックスにKEY値をセットするVBAモジュールを作成します。ここで作成するVBAは簡単です、誰でも記述できます。

3-1 デザインモードでデザイン画面の左上の□部分をクリックします。

3-2 プロパティーシートの「イベント」タブの「レコード移動時」の部分で[イベントプロシージャ]を選択します。

3-3 右側の「…」をクリックしてコードエディッターを開きます。

3-4 エディターが表示されます。

3-5 作成したテキストボックスにKEY項目をセットするようにコーディングします。

「ME!W発注番号 = ME!発注番号」
発注番号の値ををW発注番号に代入する命令です。

・ 「ME!」は簡単に言うと「このフォームの」という意味です
・ 「W発注番号」はテキストボックスの名前
・ 「発注番号」はKEY項目の名前

2-8 エディターを閉じます。

フォームを表示して色が変わることを確認する

最後にフォームを表示して背景色が変わることを確認します。

4-1 「ホーム」→「表示」を選びます。

4-2 フォームが表示されて、背景色が変更されている事が確認できます。

4-3 行の選択を変更して、カレントレコードの色が変わる事を確認します。

VBAは難しい?

ところで、VBAは難しいでしょうか?

VBAは一般的には簡単な言語だと言えますが、プログラミングの経験がない人には難しいかもしれないですね。

書籍などの独学でなかなか覚えられないのであれば、スクールで基礎から習うのも手段です。

スクールに通ってでもプログラミングは覚える価値が有るスキルです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました