メモリー不足対策、CPUコアを指定してACCESSを実行する方法

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

当サイトにご訪問ありがとうございます。

いつ頃からか覚えていません。
長い間、悩まされていました。

ACCESSでの「実行時エラー ‘3035’ メモリー不足」です。

一旦はタスクマネージャーから「関係の設定」を選び、CPUコアを限定する事で対応していました。

参考記事 : ACCESSでの「メモリー不足です」の対処方法

この度、CPUコアを指定して、ACCESSを起動する方法が分かりました。

それはショートカットを作り、そこから実行することで可能になります。

今回の記事はCPUコアを指定してショートカットからACCESSを実行する方法を紹介します。

※利用環境はWindows7、ACCESS2010です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ショートカットを作る

① 任意の場所で右クリックをして「新規作成」→「ショートカット」を選択します。

② リンク先を入力します。

以下の形式で入力します。

cmd /c start “” /affinity 1  ”〈アクセスのフルパス〉” 〈データファイルの保存場所〉

ー 私のパソコンでは以下になりました ー

cmd /c start “” /affinity 1 “C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\root\Office15\msaccess.exe” C:\test\testdb.accdb

【アクセスのフルパス】
C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\root\Office15\msaccess.exe
【データファイルの保存場所】
C:\test\testdb.accdb

③ ショートカットの名前を任意に入力して終了です。

スポンサーリンク

CPUコアの指定

「affinity 1」の部分を変更するとCPUを変更できます。 

affinity 1CPU0
affinity 2CPU1
affinity 3CPU0 , CPU1
affinity 4CPU2
affinity 5CPU0 , CPU2
affinity 6CPU1 , CPU2
affinity 7CPU0 , CPU1 , CPU2
affinity 8CPU3
affinity 9CPU0 , CPU3
affinity ACPU1 , CPU3
affinity BCPU0 , CPU1 , CPU3
affinity CCPU2 , CPU3
affinity DCPU0 , CPU2 , CPU3
affinity ECPU1 , CPU2 , CPU3
affinity FCPU0 , CPU1 CPU2 , CPU3

通常の使い方であれば、どれを指定しても変わらないと思われます。
私は「affinity 1 (CPU0) 」を使用しています。

最後に

少し立ち止まってACCESSの参考書などいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました