ACCESSフォームで業務改善、便利なクリップボードへのコピー

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ACCESSの画面を開いて、他システムへのデータ入力を行っている」、そんな手間のかかる仕事をしていませんか?

システムがつながっていなければ仕方ないのですが、データが多いとなかなか手間ですよね。

ACCESSフォーム、行の移動だけでクリップボードにコピーできます

受け取る側では「CTRL」+「V」で貼り付けるだけの作業です。

とても便利です。

VBAを使用しますが簡単な記述なので、慣れていない人でも一度試していると良いかと思います。

今回紹介するクリップボードへコピーする機能は、ACCESSフォームの現在行を変える機能と併せて使うと更に便利になります。

※環境はWindows7、ACCESS2010です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ACCESSフォームは事前に準備しておく

ACCESSのフォームを事前に作成しておきます。

スポンサーリンク

デザインビューで「レコード移動時」のイベントを指定する

デザインビューにします。

「デザイン」→「プロパティシート」でプロパティーシートを表示します。

「プロパティシート」の「イベント」タブをクリックして「レコード移動時」が表示されるか確認します。

プロパティシートに「レコード移動時」と表示されない場合は、フォーム全体が選択されていません、「フォームヘッダー」と書いてある部分の左上の□の部分をクリックします。

「プロパティシート」→「イベント」→「レコード移動時」→右端の「▼」をクリックして「イベントプロシージャ」を選びます。

エディターを開く

「レコード移動時」の一番右側の「…」をクリックするとコードエディターが表示されます。

エディターが開きます。

参照設定を行う

「ツール」→「参照設定」で「Microsoft Forms 2.0 Object Library」をチェックします。

「Microsoft Forms 2.0 Object Library」がリストにない場合は「参照」を選びます。

「System32」フォルダの「FM20.DLL」を開きます。

「Microsoft Forms 2.0 Object Library」がリストに追加されるのでチェックしてOKを選びます。

VBAでコーディングする

エディター画面に戻るので以下のようにコーディングします。

Dim wDO As DataObject

Set wDO = New DataObject

wDO.SetText Me!商品コード
wDO.PutInClipboard

エディター画面の「×」でエディターを終了します。

フォームを表示して動作確認を行う

フォームを表示して任意の行を選択します。

メモ帳などを開き、指定した文字列が貼り付けされたら成功です。

VBAは難しい?

ところで、VBAは難しいでしょうか?

VBAは一般的には簡単な言語だと言えますが、プログラミングの経験がない人には難しいかもしれないですね。

書籍などの独学でなかなか覚えられないのであれば、スクールで基礎から習うのも手段です。

スクールに通ってでもプログラミングは覚える価値が有るスキルです。

最後に

少し立ち止まってACCESSの参考書などいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました