キーボードが固い、キートップを外してゴミ取りに挑戦!!

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは、かずです。
古いパソコンを使用していて、キーボードが固くなり困ったことはありませんか?

✔ キーを押しても反応しない
✔ キーが固くて指が痛くなる
✔ ゴミが挟まっていないか見てみたい

キーボードの文字が書いてあるキーは、キートップと呼び外すことができます。


キートップを外せば掃除ができます。


ゴミが挟まっていないか確認できます。

但し雑に扱うと破損します、行うときは自己責任でお願いします。

キートップの外し方

キートップを外すには専用の「キートップ外し」が販売されています。
マイナスドライバーなどでも外す事は可能です、今回はデスクのキーで代用しました。

不安な人は「キートップ外し」の購入もありですね。

テコの原理で下からキートップを持ち上げます。
破損しないようにゆっくりと、少しずつ持ち上げて行きます。

外れました。(写真がボケていてすいません)

外したついでにキーボードを掃除

キーを外したらホコリを払う程度でも良いので掃除しておくと良いでしょう。

ブラシでササっと・・

使わないキーと入れ替えてみた

確認したところゴミは挟まっていないようでした。
経年劣化でスムーズに動かない状態になったようです。
ここで思いつきました、「サイズの近いキーと入れ替えたほうが使いやすい」のではないかと。

それで「CTRL」キーと「変換」キーを入れ替えてみました。

結果は良好です。
「変換」と書いてある「CTRL」キーはとても押しやすいです。

偶然にも新しいキーボードが来た

キーを入れ替えるのは名案と思ったのですが・・・
何と、その日のうちに新しいキーボードが会社から渡されました。

「大掃除をしていたら出てきたので使ってください」との事です。

慣れるまでは使いにくいですが、柔らかくて快適です。
やはり新品には勝てません。

ワイヤレスに買い換えるのも有りですね

その後の話ですが、パソコンを入れ替えてキーボードがワイヤレスになりました。

職場では、デスクで資料を広げる場合などにキーボード一時的に山にならない場所に移動することがあります。

その場合ワイヤレスであればケーブルがないのでとても扱いやすいです。

価格も手頃です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました