「Visual Basic」 MySQL(MariaDB)に接続してデータを読み込む方法

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

このページではVisual BasicでMariaDBに接続してデータを読み込む方法を解説しています。

「MariaDB」とはオープンソースのRDBMSである「MySQL」から派生したレーショナルデータベースです。無償で手軽に使用できるデータベースであり、プログラミング言語の学習に個人で使用するデータベースとしておすすめです。

※「Visual Studio 2022」を使用しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DB接続ライブラリのインストール

MariaDBへの接続用のライブラリは「MySQL.Data」を使用しました。

「MySql.Data」はVisual Studioでインストールできます。

MySql.Dataインストール手順

Visual Studioで「プロジェクト」>「NuGetパッケージの管理」を選択します。

「参照」を選択した後に「mysql」で検索します。

「MySql.Data」をインストールします。

画面に表示される指示に従ってインストールを進めて終了します。

スポンサーリンク

コーディング

Visual BasicでMariaDBに接続してデータを読み込むには以下のようなコーディングを行います。

Imports System
Imports System.Data
Imports System.Security.Cryptography
Imports MySql.Data.MySqlClient

Module Program
    Sub Main(args As String())

        Dim mysqldb As String = "Server=localhost" _
                                & ";Port=3306" _
                                & ";Database=テストdb" _
                                & ";UserID=root" _
                                & ";Password=''"

        Dim cn As New MySqlConnection()

        cn.ConnectionString = mysqldb
            cn.Open()

        Dim sql = "select * from 売上tbl"
        Dim cmd = New MySqlCommand(sql, cn)

        Dim dr As MySqlDataReader = cmd.ExecuteReader()

        Do While (dr.Read())
            Console.WriteLine(dr.Item("品目CD") & " " & dr.Item("品目名"))
        Loop

        dr.Close()
        cn.Close()

    End Sub
End Module

解説

実行結果

プログラムを実行するとコンソールにデータが出力されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました