Excel利用者目線・VBAのメリットとデメリット

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ご訪問ありがとうございます。

このページを訪れたあなたは、VBAに興味を持ち本格的に学ぶか迷っているのでしょうか?

  • プログラミングを覚えるのにVBAならハードルが低そう
  • Excel仕事ですぐに役立ちそう
  • プログラミングを覚えるには物足りない気がする

そのようなお悩みだと思います。

VBAはExcelに付属していて、毎日の仕事を自動化や作業時間を削減することが可能です。

EXCELの機能の一部であるとは言っても、プログラミング言語であることには違いはありません。

プログラミングのスキルが必要であることから、誰でも使いこなせる訳ではなく、一般的なEXCELユーザーにとってはハードルが高いものになっています。

この記事では実際に仕事でEXCELを使っている目線で、VBAのメリットとデメリットを紹介しています。

VBAに興味がある方、プログラミングに興味がある方に向けて参考になる記事になっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

VBAとは

VBA(Visual Basic for Apprications)とは、Microsoft社のOffice製品に標準で付属しているプログラミング言語です。

プログラムを記述することで定型業務や複雑な業務を自動化し、作業時間を短縮する事ができます。

スポンサーリンク

VBAとマクロの違い

マクロとは、操作を登録して自動化する機能の事を指します。

マクロは実際に操作を行いながらそれを記録する方法と、VBAで処理を記述して作成する方法があります。

VBAとマクロの違いはマクロが自動化を行うための機能そのものであり、VBAはマクロを作る為の手段になります。

VBAのメリット

マクロを作って業務を短縮できる。

Excelを使って資料をまとめるなどの仕事をしている人は多いと思います。

毎日の仕事で同じ作業を繰り返しているような事はないでしょうか?

例えば、昨日発生した注文データをExcelにまとめてメールで配信するなど。

このような作業はVBAで自動化が出来そうな内容ですね。

VBAでマクロ化できれば、毎日5分の仕事を1分で出来るようになったり、1時間かかる仕事を数分の作業に短縮できる可能性があります。

どんどん改善を進めて履歴をとってアピールしましょう。

システム環境の構築が必要ない

一般的な言語であれば、プログラミング言語のインストール、エディッターのインストール、サーバー環境の作成などのシステム環境の構築が必要です。

慣れた人であれば短時間で出来るでしょうが、不慣れな人ではプログラミング以前に環境構築で挫折する事も考えられます。

VBAであればExcelやAccessなどのOffice製品をインストールするだけで利用することができます。

環境の構築で苦しむ必要はありません、すぐにコーディングの作業に入れます。

プログラミング言語としては簡易的と思われる

これは個人的な感想になるかもしれませんが、他のプログラミング言語と比較すると記述が簡単な感じがします。

VBEというVBA専用のエディッターが理由のひとつかもしれません。

大文字小文字を必要に応じて自動で変換する機能や、次の記述内容の候補が一覧で表示されるなど。

VBAを記述するために便利に作られています。

プログラミング言語として普通に使える

簡易的なプログラミング言語と思われがちですが、アプロケーションプログラムとして不足している部分は私には感じられません。

ORACLEやSQL SERVERなどの一般的なデータベースへの接続も可能であり、プログラミング言語としては普通に利用できるレベルと感じています。

少ない作業工数で開発ができる

一般的なアプリケーションプログラムであればデータ処理の記述だけでなく、インターフェースの部分であるメニュー画面や入力画面、出力画面を準備する必要があり、それぞれの機能に対してプログラミングを行わなければいけません。

Excel VBAであれば入力画面や出力画面はワークシートで代用することができます。

VBAのデメリット

プログラミングの知識が必要

VBAを使うことができない最大の理由がこれです。

VBAは他のプログラミング言語と比較して簡易的ではありますが、やはりプログラミング言語であることには変わりません。

何も知らない人がエディッターを開いてスラスラとコーディングを進められるわけがないです。

フローチャートの作成、変数の使い方、基本的なアルゴリズムなど、プログラミングの基礎を知らない人にとってはVBAの記述は難しいはずです。

プロを目指すなら別の言語がお勧め

プロのIT技術者としてプログラマーを目指すなら別の言語をお勧めします。

VBAを使うことが出来れば多くのメリットがありますが、所詮はOffice製品の機能の一部であり、ExcelやAccess以外では活用できません、IT技術者と呼ぶには物足りない気がします。

基礎を学ぶには良いかもしれませんが、プロを目指すのであれば他のプログラミング言語をお勧めします。

IT企業の案件はVBAよりも別の言語の方が多く、即戦力には他の言語の方が有利なはずです。

まとめ

VBAのメリットとデメリットを実際の利用者の目線で解説しました。

ExcelやAccessなどのOffice製品を便利に使うならVBAはとてもお勧めです。

ただしある程度のプログラミングの知識は学ぶ必要があるのは理解しておいてください。

VBAの学習方法については以下の記事にまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました