オフシーズンのイメトレに「私をスキーに連れてって」

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ご訪問ありがとうございます。

あたりまえですが、スキーは冬にしかできません。

それ以外の季節、みなさん他の趣味やスポーツで楽しんでいることと思います。

ところでこの映画、みなさんご存知でしょうか。

「私をスキーに連れてって」

「僕は少なくても10回は見ました」というか、何回かわからないくらい見ました。

スキー好きにはダントツにおすすめの映画です。

ストーリーを楽しみながらも豪快な滑りのシーンはオフシーズンのイメトレにどうですか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストーリー

主人公の矢野文雄(三上博史)は会社ではさえない商社マン、ゲレンデに出れば誰もが認める一流スキーヤー。

クリスマスイブに仲間と過ごす志賀高原で、偶然出会った女性・池上優(原田知世)に一目惚れ。

二人の恋愛を中心にストーリーは進みます。

青空の下でのスキーシーンは本当に楽しそう。

迫力のコブ滑り、ジャンプしたり吸収したり、憧れます。

ちなみにスキー指導は元アルペンレーザーの海和俊宏さん。

一部スキーシーンの吹き替えは当時トップデモの渡部三郎さん。

どちらも有名なスキーヤーです。

スポンサーリンク

あの「名車」の走行シーンも見逃せない

忘れてばいけないのは車のシーン。

ドアを開けて路面に触れ、「凍ってるね」と言い、ルームミラーにかけたストップウォッチを押す。

そして、激しく車をスタート。

凍った道路を猛スピードで走って行きます。

走り出す車は、あの名車、TOYOTA セリカGT-FOUR

もう、めちゃカッコイイ!!

それだけでも十分の見る価値があります。

音楽もいいですよ

音楽はユーミンです。

「恋人はサンタクロース」、「ブリザード」

若い人も一度は聞いたことありますよね。

ゲレンデで滑るシーンで流れるユーミンのミュージックはベストマッチ

スキー
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました